浅はかな就活で決めてしまったスーパーの正社員。 アルバイト気分が抜けなった高卒の新入社員は社会でどうなるのか。

仕事

今回は、前回の記事で書きました、高校を卒業して、正社員になったスーパーでの話です。 このの記事でお伝えしたいのは、 「バイトで上手く行ったからって、同業他社では上手く行かない。正社員とバイトでは天と地ほど業務の責任や質や…

高校の就職活動は浅はかであった。高校を出て就職か進学かよく考えて行わないとこうなります。

学生

高校を卒業後正社員で就職した会社のときのことです。 今回お伝えしたいことは、 「高校卒業しての就職でも大学並みに慎重に選んでほしい。」 ということです。 僕は家庭の関係で働かないといけなく、(そもそも大学で勉強する気はあ…

保育園時代 で既に[味方は自分だけ]。暴言や暴力を受け育った子どもの日常とは。

幼少期

前回のぼくが誕生してから保育園に入園までの自己紹介に続き、今回は保育園時代のクリス生人についてです。 親は子どもに理想を押し付ける傾向がありますが、ぼくはその理想に生まれ持った特徴があってか、程遠くなかなか親の理想には近…

いつまで経っても、自分の家庭環境を呪ってしまう。普通の家庭に憧れる。家庭環境の差を感じても折り合いをつける方法とは

自己紹介

今回は僕の家庭についてです。                 この家庭のことは、僕という人間が形成されていく中での原点となります。    なので、家庭環境次第で、今のぼくではありませんでした。   家庭自分の人…