障害者手帳を持つことによるデメリット。障害者と健常者としてもうまくすごしていく方法。

プライベート
クリス生人
クリス生人
ご覧いただきありがとうございます。
クリス生人です。
クリミです。
ご覧いただきありがとうございます。
架空のパートナー、クリミ
架空のパートナー、クリミ
クリス生人
クリス生人
珍しく浮かない顔だね。
デメリットが心配なのかな?
うん、色々聞いたからさ。
架空のパートナー、クリミ
架空のパートナー、クリミ
その辺は、できるだけ心配しないように詳しく説明するよ。

というわけで、前回の続きとなります。

障害者手帳にもデメリットというものがあり、 特にグレーゾーン(障害者かどうかわからない人)は、障害者手帳の取得に対して大いに迷います。

今回お伝えしたいことは、

[今回お伝えするデメリットは障害者として生きると決めない限りはしない方がいい]

ということです。

このデメリットは[一般枠でも就職を視野に入れている人]は引っかかる可能性があります。

前々回の記事書きました、障害者手帳を持つことでのデメリットを説明しています。

クリス生人
クリス生人
手帳を取得したからって、全部が全部メリットを利用する必要はなく、自分にとって必要なものを1つ1つ選んで今まで説明したように、申請すればいいのです。
自分が手帳を持つことによって、不利にならないように、出来る限りメリットを利用することができるんだね!
架空のパートナー、クリミ
架空のパートナー、クリミ
もくじ

〇手帳を持っていることを人に言いづらくなってそれがストレスになる。

〇人とは違うと自分を責めてしまい、自信がなくなってしまう。

〇年金や税金の減免手続きすると、いざ一般枠で入社したときに障害者でいうことがばれて、話が違うということで解雇になったりする。※障害者年金は気づかれません。

〇障害者枠として生きていくことも視野にはいれているけど、健常者としても生きていきたい場合は

〇本当に必要がなければ返納すればいい。

〇まとめ

 

手帳を持っていることを人に言いづらくなってそれがストレスになる。

 

まずこれでしょう。

大体の人が障害を持っているのは自分だけという状況ではないでしょうか?

クラスでも1~2人と障害を持った人は少数ですから。

子どもですと障害に対しての理解が難しく、何か嫌がらせをしてくる可能性があります。

それで、障害を持った本人は手帳を持っておることを中々言い出せないのです。

大人でも、言い出せません。

とにかく障害という言葉自体が嫌ですし、病気でもそうですが、まずいいイメージを持たれにくいから言い出せないのです。

自分の障害を開示した人から、話を聞きましたが、「本当に信頼している人じゃない限りは言わない。」という話でした。

 

〇人とは違うと自分を責めてしまい、自信がなくなってしまう。

障害があることを知ったときにも同じようなことを聞きますが、手帳という「自分は障害者です」と表せるものが形としてできたことによって、「ああ自分は本当に障害者なんだ」と卑下してしまう人も一定数います。

巷では、「障害があると知れて良かった」という声が数多くありますが、知れたことによって、長く人生を考えますと、働い行かなくてはならず、前回の記事で説明しました通り、自分の障害の配慮を受けられるどころか、いじめにあったり、安い給料で正社員も狭き門な障害者雇用とかもあります。

手帳のメリットを受けられるのはいいことですが。

 

〇年金や税金の減免手続きすると、いざ一般枠で入社したときに障害者でいうことがばれて、話が違うということで解雇になったりする。※障害者年金は気づかれません。

これは、障害があることを会社には黙って就職する、クローズ就職をした場合に限った話です

入社しますと、会社の健康保険や厚生年金等の加入の過程で、年金や税金のことを調べられます。

そこで、障害者として年金や税金の免除を受けていると「この人障害者だったんだ」とばれてしまいます。

よって、うそをついたということで解雇されることがあります。

なので、障害者として年金や税金の免除を受ける場合は、「これから障害者として生きていく決心がついたとき」に行うと良いでしょう。

でないと、せっかく一般枠で就職できても解雇されて、時間や努力がすべて水の泡になります。

架空のパートナー、クリミ
架空のパートナー、クリミ
やっぱりそれなりの覚悟がいるんだね!
うん。
ここで説明したことは聞いた話だけど。
会社によっては解雇まではいかなくても、
良心的だと「別にいいよ。このまま打つも通り働いてくれればいいから」というようなこともあるみたいだね。
これは運だけど。
クリス生人
クリス生人

 

〇障害者枠として生きていくことも視野にはいれているけど、健常者枠としても生きていきたい場合は

 

これは、「手帳は持っていて一応は障害者にはなっているけど、普通に働けそうな気がするから健常者しても生きていきたい。」と考えているような人向けです。

先述のように障害者手帳を使用しての年金や税金の減免はしない方がいいです。

障害者であると気づかれて解雇になる可能性があります。

家庭の収入によっては、それを理由にして年金や税金の減免しましょう。

年金につきましてはこちらに記載してあります。

税金も自分が住んでいる自治体の管轄の年金事務所に電話すれば、場合によってはできますので、一度聞いてみるとよいです。

逆に行っても良いことは、年金や税金の減免以外、就職する会社から気づかけないメリットを受ければいいのです。

クリス生人
クリス生人
残されたメリットも可能であれば受けるに越したことはありませんね。
手帳を持っていてもっ全部ではなくとも、メリットを受けつつ、健常者としても生活できたり、仕事を探せれるんだね!
架空のパートナー、クリミ
架空のパートナー、クリミ

〇本当に必要がなければ返納すればいい。そして必要ならまた取ればいい。

手帳は返納ができます。

「メリットを受けられないのは、負担ではあるけど、それ以上に障害者手帳を持っていることによるデメリットの方が大きい」という言うような人でしょうか。

これは前例がないためわかりませんが、就職でいうなれば、すぐには帳消しにはできませんが、手帳の返納して減免してた年金や税金を元に戻すと、いざ一般枠で就職しても会社にはきづかれないかもしれません。

※どの程度の期間が経てば会社から障害者として減免をしていたかを気付かれなくなるかわかりませんが、年金や税金は前の年度をさかのぼってみるので、減免をやめて年度が変わって就職したら、会社から気づかれなくなるかもしれません。                              ここはこのことを参考に、自分の住まいの自治体の管轄の年金なら年金事務所、税金なら市税事務所に聞くと良いでしょう。

そこまでしたけどまた必要であれば、前のような流れでまた取ればいいのです。

また手帳をとるときは、精神障害のことは徐々に理解がされているので、前回申請をしたときよりも理解が進んでいて、もっと良い形で手帳を手に入れられて、良いメリットを受けられている可能性もあります。

ちなみに病院やクリニックもどんどん増えてきており、コンビニに行くようなぐらいの数と化しています。

架空のパートナー、クリミ
架空のパートナー、クリミ
いざ手帳を返付するのも間を考えるね。
そうだね。
そこは、「自分の今の状態は手帳があった方がいいのか、ない方がいいのか」を考えて決めてほしいな。
クリス生人
クリス生人

兄は幼いころ漫画が好きでした。

コミック.jp

〇まとめ

・手帳を持つことはストレスになり、まず人には言えません。

・手帳を持つことで、改めて[障がい者]ということの認識して、自信を無くしてしまいます。

・障がい者ですと、税金や年金が免除にできるが、もしその状況で一般枠で就職したら、会社側に自分が障がい者であることが知られ、解雇になることがあります。

・手帳を持っていても、健常者として生きていくこともできますが、会社に知られてしまう年金や税金の免除はしない方が良いです。

・手帳はいつでも返すことができます。

クリス生人
クリス生人
手帳は自分の状況によって恩恵を受けたいものを変えていくことができます。
いつでも[障がい者としていきていくこと]をやめることもできます。
自分がほしいサービスを選択できるんだね!
架空のパートナー、クリミ
架空のパートナー、クリミ

はてなブログ時代 とっきーな人生 (hatenadiary.jp)

ユーチューブ クリス生人 – YouTube

ユーチューブ電車動画始めました https://youtu.be/KRRUO1KLdKk ↑経由で見れます。

クリミ画像 irasutAC メグメグさん

クリス画像 自撮りした自分